2ch株板の某コテハンが株初心者にアドバイス出来ればなぁ~くらいのブログですw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米FOMC&日銀の金融政策決定会合

株価は、やはり政府の政策により大きく変動しますよね?

17日は・・・

米FOMCと日銀&金融政策決定会合の内容で変動しそうですね。

この様に、国内を含め世界的な政府の政策に対してもアンテナを張り、どの様な流れに成るか?も有る程度読んで行かなければ成らない部分も多いと思います!

決定会合で、既に報じられている様な追加の金融緩和策が発表される様なら、安心感も出て上値を試すかも知れませんが、材料出尽くしも充分に考えられます!

ネットで その様な株価に影響を与えそうな政策の日程も各個人でチェックしながらトレードして欲しいと思います!

 

FOMCとは
FOMC(Federal Reserve Open Market Committee)は、米連邦公開市場委員会と訳されます。FRB(米国の中央銀行・米連邦準備制度理事会)が年8回(約6週間ごと)開催し、金融政策に基づく公開市場操作(マネーサプライ・金利・為替水準など)の方針を決定します。

 

FOMCの意味
FOMCでは政策金利に注目が集まります。一般的に、インフレ懸念がある場合は利上げが行われます。逆に、景気が悪い場合は利下げが行われます。つまり、米国の景気が良いのか悪いのかを示唆します。利上げがされれば、ドル買い要因となります。

 

FOMCの特徴
FOMCではFFレートの誘導目標が決まるものの、多くの場合、結果は事前に予想されています。特にFRB議長は市場との対話を重視するため、その予想が外れる可能性は極めて低くなっています。つまり、織り込み済みの状態です。

そのため、FFレートの誘導目標の結果よりも、その後発表される声明文の内容に注目が集まります。声明文の文言により、次回も利上げがされるかどうかを市場は判断するのです。

例えば、「緩やかな」という言葉が使われているかどうか等に注目が集まるのです。大雑把な方には細かいと感じるでしょう。通信社などが事前に注目ポイントを公開しているので、それを見れば充分と思われます!

 

 

 

 

 

 

ブログランキング応援宜しくお願いします<(_ _)>
ランキング
プロフィール

クールポコ

Author:クールポコ
過去に2ちゃんねる株板でBNF先生と出会いアドバイスのお陰で貯蓄を増やす事が出来ました。

最新記事
カテゴリ
お薦め書籍
バフェットの財務諸表を読む力

バフェットの財務諸表を読む力
著者:メアリー・バフェット
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
著者:メアリー・バフェット
価格:1,785円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

史上最強の投資家バフェットの教訓

史上最強の投資家バフェットの教訓
著者:メアリー・バフェット
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

麗しのバフェット銘柄

麗しのバフェット銘柄
著者:メアリー・バフェット
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

コモディティ・デリバティブのすべて

コモディティ・デリバティブのすべて
著者:北方宏之
価格:3,780円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

図解でわかるコモディティ投資のすべて

図解でわかるコモディティ投資のすべて
著者:野村証券株式会社
価格:2,940円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

コモディティ化市場のマ-ケティング論理

コモディティ化市場のマ-ケティング論理
著者:恩蔵直人
価格:2,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

FC2カウンター
ネット証券
SBI証券口座ならネクシィーズトレードで。 FXするならクリック証券
リンク
ショッピング
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。