2ch株板の某コテハンが株初心者にアドバイス出来ればなぁ~くらいのブログですw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K氏 時々の鐘の音 ブログ本日更新

さて、株式市場ですが2012年4月16日、日経平均株価は9,470円で引けました。戻りの鈍い株価の動きからも、確実に衰えていく日本の株式市場の本質が透けて見えます。
 3月27日に10,255円の戻り高値をつけて現在調整中ですが、日経平均株価が目先適正な日柄調整・値幅調整を経た後、戻りがいくらになるのか。10,500円なのか11,000円なのか分かりませんが、はっきりと言えることは、大型株・優良株などの押し目を仮に上手に買えたとしても、それがどこまで戻るのか、戻りの幅がなかなか正しく掴めないだけに、こうした銘柄を買いで取ることは容易ではないということです。
 限りなく衰えていく株式市場にあって、今こそ個人投資家に「買いで取れる」という自信と勇気を与えてくれる「兼松日産農林」のような出世株の出現が強く切望されます。

 日本経済は今後どうなっていくのか…2012年1月中旬頃、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長ジム・オニール氏によって公表されたレポートが話題になりました。2012年1月28日の日本経済新聞にも関連記事が掲載されています。このオニール氏のレポートの中で、彼は「今後2~3年で日本とイタリアの国債利回りはほぼ同じ水準になる」と予測しています。
 より具体的に申しますと、イタリアの金利水準は調整が進んでいくのに対して日本の状況は悪化しつつあり、「おそらく2〜3年のうちには、両国の10年国債の金利は、ほぼ中間点に近い水準、例えば3.5%付近になるのではないか」というのがオニール氏の予知する将来です。

 2011年度の日本の一般会計予算は約92兆円でしたが、歳入の内訳を見ますと、税収入その他が約48兆円であり、残りの約44兆円は公債金、即ち国債発行によって賄われています。一方歳出のうち約22兆円は国債費、即ち国債の償還や利子の返済に充てられている事が分かります。2012年度もこの傾向はほぼ同じです。つまり、国債を発行して得たお金44兆円のうち、約半分の22兆円が今までの借金の返済に使われ、残りの半分、約22兆円は新たな借金として積み増されていっているのが現状です。
 今までの日本は、この新たな借金を国内資金によって補うことで何とか国内安定消化が出来ていましたが、このまま行けばいつかは国内だけでは補いきれなくなる日が必ず訪れます。その時は海外からの資金を当てにするしかなく、「日本の政府債務の信認が本格的に市場に問われる日が近づいている」とオニール氏は警告しているのです。

 これから3年間、即ち2012, 2013, 2014年において、日本の個人投資家が株式投資で成功出来るかどうか? ― 徐々に弱りつつある日本経済において、これは大変重要な意味のあるテーマです。
 現状の様に、個人投資家が「買い」で利益を得ることに失敗すればするほど、そしてその状態が続く限り、日本の株式市場は衰え続けていくでしょう。
 しかし、もし今、かつての「兼松日産農林」のような出世株が出現したとしたら。いや、そのような出世株の出現によってのみ、市場、そして個人投資家達は救済の道へと入っていくことが出来るのだと思います。

 先細りの株式市場にあって、「買い」で取れた数少ない銘柄として、2011年11月1日、「時々の鐘の音」のコラム「再びの邂逅」の中で触れた200円台の銘柄、コード番号:4406 ○○○○○ があります。本銘柄は2012年3月2日に1,297円という高値を付けました。買いで1,000円幅が取れた銘柄として大いに脚光を浴びたことには、まさしく天の恩恵を感じざるを得ません。

 しかし、その○○○○○も3月2日の1,297円という高値から2012年4月9日には大幅に下落して452円という安値を付けてしまいました。200円台で買って、1,000円幅を利食った人はともかく、1,200円台で○○○○○を買った人達がいることを私達は忘れてはなりません。「昨日の今」2012年4月9日、452円という安値を付けるに及んで、大幅に下落した○○○○○を抱えて立往生している人達の心の痛みがヒシヒシと伝わってきます。しかしそうは言うものの、目先の日柄・値幅調整を経た後、1,297円という3月2日の高値をあっさりと抜いて、空売りの踏み上げ相場へと発展する可能性は大いに残っていると私には思えます。
 罫線を見る限り○○○○○の相場は一見終わったようにも見えますが、私にはそうは感じられません。○○○○○が不死鳥の如くある日突然上昇波動を描いて飛翔するのではないか、という強い予感がします。○○○○○の「今日の今」「明日の今」に関しては、次回の「時々の鐘の音」で考察をしてみたいと思います。

 海印三昧に言う「今日の今」と「明日の今」、2012年4月16日引け値409円、コード番号:8103 ○○○○は今年の出世株として大いなる輝きを放つかもしれません。1,000円幅は勿論のこと、何年振りかに出現するであろう、「兼松日産農林」のような大相場に発展する可能性も大いにあり得る、と私には思えてなりません。

① 品格のある三菱グループに所属しているということ。5年後・10年後の暗澹とした日本経済を展望する時、孤立無援でなく、しっかりとした財閥グループに属しているということは何にも勝る大きな力(チカラ)となります。安定的な成長が見込まれる、隠れた優良株であることは間違いありません。
② コード番号8103:○○○○は経営の基盤をアジア圏、特に世界から成長が最も期待される中国に拠点を置いています。中国関連取引に特色を持つ企業だけに、今後の成長には大いに期待できます。
③ コード番号8103:○○○○の一株当たり予想利益は2012年3月期が50円、2013年3月期が55円となっています。ファンダメンタルズ面から言っても現在の株価は超出遅れ銘柄であることは確かです。優良株にも関わらず、「今日の今」の株価は2012年4月16日引け値409円ですから、PER面から見ても株価に正しく反映されてはいません。大いに上昇余地のある優れた出遅れ銘柄であることは確かです。
④ 隠れた空売り残も相当数が既に積み上がっていることが窺えますから、今後の取り組み次第では空売りの大踏み上げ相場に発展する可能性も大いに有り得ます。


 安定的成長が見込まれ、現在も成長を続ける中国に取引の中心を置き、更にファンダメンタルズ面から見ても優良株であるのに、現在の株価の水準があまりにも低すぎる○○○○は、現物で買って長期に保有するのに最適の銘柄と言えます。今後、兼松日産農林のような大相場に発展する予感がしています。

 2011年11月17日発信の「時々の鐘の音」で、二宮尊徳の「遠くを計る者は富み、近くを計る者は貧す」という箴言を掲げましたが、株価の成長に関しても同じことが言えると思います。
 種を蒔いて「遠くを計る者」と、種を蒔かずに刈り取ることのみに心を奪われる「近くを計る者」のいずれが多いかは、株価の成長の軌跡軌道に大いに影響があります。4406 ○○○○○が200円台から1,297円まで株価が成長し、そして452円という安値をつけたことは、種を蒔かずして刈り取ることだけを考える「近くを計る者」が如何に多かったかをはっきりと物語っています。
 同じく11月17日の「時々の鐘の音」で発信しました「運・鈍・根」という言葉があります。「三位一体のこの言葉は、鈍と根に徹してのみ運を掴むことができる」と書きましたが、売買益を得るのに50円から100円幅ではなく、しっかりと1,000円幅、2,000円幅、3,000円幅がとれる株式投資が実現することが望まれます。
 8103 ○○○○は兼松日産農林のような大相場に発展する可能性があるだけに、二宮尊徳の言う「遠くを計る者」が数多く加われば今年の出世株に育つ可能性は大きいと思います。


※株価は、人為的に形成されることは絶対にありません。老子が唱えた「無為自然」という言葉があります。目先の小欲に惑わされること無く、自らの心の声に、そして天の声に耳を傾け、情勢に流されず天に身を任せる。それが出来る人にこそ、天は微笑みかけてくれるに違いありません。

※ここに掲載した銘柄に関しては、投資勧誘を目的とするものでは決してありません。売買に関しては、自己責任の原則を貫いてほしいと思います。当スタッフは一切の責任を負いません。

※お釈迦様が「自燈明」と仰られた如く、他人を頼りにしないで自らの心を磨き、自らを信じてください。投資判断も正しい選択が叶うように、私も含めてお互いに頑張りましょう。


http://www.kanenone.com/
ランキング
プロフィール

クールポコ

Author:クールポコ
過去に2ちゃんねる株板でBNF先生と出会いアドバイスのお陰で貯蓄を増やす事が出来ました。

最新記事
カテゴリ
お薦め書籍
バフェットの財務諸表を読む力

バフェットの財務諸表を読む力
著者:メアリー・バフェット
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
著者:メアリー・バフェット
価格:1,785円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

史上最強の投資家バフェットの教訓

史上最強の投資家バフェットの教訓
著者:メアリー・バフェット
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

麗しのバフェット銘柄

麗しのバフェット銘柄
著者:メアリー・バフェット
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

コモディティ・デリバティブのすべて

コモディティ・デリバティブのすべて
著者:北方宏之
価格:3,780円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

図解でわかるコモディティ投資のすべて

図解でわかるコモディティ投資のすべて
著者:野村証券株式会社
価格:2,940円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

コモディティ化市場のマ-ケティング論理

コモディティ化市場のマ-ケティング論理
著者:恩蔵直人
価格:2,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

FC2カウンター
ネット証券
SBI証券口座ならネクシィーズトレードで。 FXするならクリック証券
リンク
ショッピング
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。